本文へスキップ

タイル 床面など防滑処理、防滑工事、すべり抵抗係数測定・滑り止め工事施工による転倒事故防止を推進しております

TEL. 03-5816-8877

〒101-0021 東京都千代田区外神田6-15-11-707

アンケート結果Questionnaire result

平成24年実施 アンケート 集計結果(回答数:2,274)

設問1 日常生活で、すべって転倒したことがありますか?
※スノーボード、スケボー、その他スポーツ中での転倒は除く。

設問2 日常生活で、身内(又は知人)で転倒された方はいますか?
※スノーボード、スケボー、その他スポーツ中での転倒は除く。

設問3 転倒した(された)具体的な場所を教えてください。

設問4 設問3で「その他」を選択した方の具体的な場所を教えてください。

  • スーパーの床の濡れている場所
  • 犬の散歩の途中紐に引っ掛かりフェンスを乗り越えられずに、圧迫骨折…。
  • 砂利道
  • 自宅居間(フローリング)
  • 部屋のベッド前



設問5 転倒された方(ご自身、又は身内・知人)の性別は?

設問6 転倒時の年齢は何歳くらいでしたか?

設問7 不慮の事故で亡くなられた方を対象にした集計データでは、転倒や転落で亡くなられた方が
一番多いということをご存知でしたか?
※交通事故で亡くなられた方よりも多い。

設問8 2012年に高齢者・障害者の方への新しい法律(バリアフリー新法)が改定されました。
この改定により、いろいろな建築物を工事する際には、滑りやすさの調査(「滑り測定」という)が
義務となることを知っていましたか?
※「滑り測定」・・・履物着用時、素足時、濡れている時などではどのくらいすべるのかの調査

設問9 すべった経験についてや、転倒事故について、その他何かご意見があればお願いします。

  • 日時生活に潜む転倒の危険を予め理解しておくことが大事。年齢による衰えを自覚し、慣れた場所でも注意して歩くことが必要。
  • 転倒事故が起こりやすい場所を教えてほしいです。
  • 金属製のフタや床(マンホールに限らず)、タイルの床は雨、雪のときは非常に怖い。
  • 道路の白線(横断歩道など)が意外に滑りやすく危ないと感じました
  • 濡れたら滑りやすいタイプの床や路面は危ないと感じます。新しい素材や工法が開発されてほしいです。
  • 雪の日などは歩道橋の階段で滑って怪我をする方が多いと思います。なにか対策が必要と思います。
  • 気を付けてはおりますが 気持ちが若い時と同じなので つい 若い時と同じ様な事をしてしまい 危うい時があります バリアフリーもいいですが 回りの気遣い 声かけが必要かも知れません
  • 階段を下りる時、踊場で滑りました。下がタイルで、革靴だったので、滑ってしまいました。危なかったです。踊場にも、滑り止め工夫が欲しいと思いました。
  • 室内は手すりなど工夫出来るが、屋外は難しいと思う。私も雪の度に必ず子供の時から転ぶ。

回答者の属性


バナースペース

株式会社taiga (タイガ)

〒101-0021
東京都千代田区外神田6-15-11-707

TEL 03-5816-8877
FAX 03-5816-8833

防滑処理に無料相互リンク

防滑処理は株式会社taiga